お墓ってどんな石をつかっているの?
  一般的には御影石が多いです
お墓には硬質で風化に強い石材が使われます。最も多く使われるのは一般 的に御影石といわれる花崗岩で、安山岩、閃緑岩なども使われます。

  お墓っていつ建てるの?
  特に決まっているわけではありません
いつ建てなければいけないと定まっているわけではありませんが、年忌法要にあわせて建てる事が多いようです。特に新仏のあるお宅の場合には故人の一周忌に建て、開眼法要をあわせて営む事が一般 的です。なお建墓にあたっては石材の加工から基礎工事、据付までおよそ一ヶ月以上かかることがあります。法事の予定などを考え合わせて、早目に注文しましょう。

  お墓ができたら何をすればいいの?
  まずは開眼法要を行います
お墓が完成したら、あらかじめお寺様とうち合わせて日取りを決め、開眼法要を行います。魂入れ、入魂式などとも言われ、開眼をしてはじめて、私たちが礼拝すべき容儀がととのうとされています。

  お墓を立て直すのはどうすればいいの?
  まずは古いお墓のお魂抜き法要を行います
お墓を新しく立て直すときは、古い墓石のお魂抜きの法要を行い、ねんごろに供養します。そして新しい墓石を据付けて開眼法要を行い魂入れをします。

  お墓を移転するにはどうすればいいの?
  書類での手続きが必要です
お墓の引越しは「改葬」といわれます。書類での手続きが必要とされ、
1) 旧墓地の管理者に埋葬証明書を発行してもらい、
2) 受け入れ証明書を移転先の墓地管理者からもらいます。
3) そして、その二つを旧墓地のある市区町村の戸籍係または市民課などに提出して、改葬許可証の交付を受け、移転します。

  お墓を構成するものの呼び方がわかりません
  「ここの部分」と言っていただけると分かりますが…
お墓が壊れたりなどして問い合わせをする際、呼び方が分からない場合があると思います。
お電話で「ここの、こんな部分」と説明していただければ大体分かりますが、せっかくなのでご紹介させていただきます。なお、今回は『京都標準型』と呼ばれるお墓で説明いたします。
 

1)『軸』『竿』と呼ばれ、ここの正面に文字を彫りこみます。
2)『台』『上台』と呼ばれます。
3)『台』『下台』と呼ばれます。
4)『花立』て『花筒』と呼ばれます。文字通り花を供えるための部分です。
5)『香立て』と呼ばれます。線香やロウソクを立てます。正面 に家紋を彫る事が一般的です。
6)『供物台』と呼ばれ、お供え物を供えます。下台に骨穴がある場合はこれが、蓋になります。

京都型は非常にシンプルな形で、他の地域の形の方がより豪華な場合が多いです。地域によって形が違うのは、それぞれの文化、風土、気候、などが関係しています。もちろん宗教、宗派により形は異なります。
最近では、宗教、宗派にとらわれない斬新なデザイン墓も増えています。もちろん弊社でも取り扱っております




 

倉木石材工業|京都府舞鶴市田中町19-5|フリーダイヤル 0120-148-158|TEL 0773-63-3009|FAX 0773-63-7777
2015 Kurakisekizaikogyo AllRightReserved